成人祝いに印鑑

日本ではいろいろな行事がありますが、おめでたい行事のときにはお祝いの品を贈ることも珍しくはありません。それは成人式であっても同じことが言えるでしょう。成人式というのは、20歳になったときに行う一生に1度の式典であり、大人になったことの証明でもあります。成人になった場合にも、成人祝いに何か贈るということが多いでしょう。中には印鑑を贈ることもあります。印鑑は大人になれば必ず必要になる物なので、大人になった証として贈る人も多いのです。

成人式では、どのような印鑑をプレゼントすることが多いのでしょうか。最も多くなっているのは印鑑の3点セットだと言えるでしょう。印鑑の3点セットというのは、基本的に認印と銀行印、実印の3つになっています。認印は荷物を受け取るときや、不要になった物を売るときなどに使用することが多いでしょう。銀行印は銀行口座を作るときに登録しなければいけなくなっている物なので、認印とは違って、丈夫で一生使用できる物にしなければいけません。

実印も役所で登録しておく必要があるので、やはり銀行印と一緒で一生使用できるような高品質な物を所持しておく必要があります。安い物でも問題はないのですが、やはり一生使用する物なので、親としてはよい物を持たせてあげたいと考えるのが一般的です。だからこそ成人祝いでは印鑑のセットを贈る人が多いと言えるでしょう。当サイトでは成人祝いに贈る品物について記載していますが、主に印鑑を贈りたいと考えている人の参考になればと思います。