細かく注文する

印鑑の専門店などで購入する場合には、どのような彫り方をするのか細かく注文することもできるようになっています。材質も自由に選べることが多いですし、サイズもたくさん種類が存在しているのです。サイズに関しては、男性用と女性用で若干異なっているのが一般的なので、インターネットでどれぐらいのサイズがよいのかを調べるか、直接購入する店の店員に聞いてみましょう

材質材質はどれも一長一短があるのですが、やはり料金が高くなっている素材の方が、メリットが多くてデメリットが少ないと言えるでしょう。やはり一生に1度の行事が成人式なので、多少高い物を注文する親も多くなっています。字の彫り方などは、あまりこだわらないという人もいる反面、比較的こだわってしまうという人もいるのです。基本的には親から子供へプレゼントされることになります。

よって親が考えてどのように彫るのかを決めることが多いと言えるでしょう。どのような彫り方ができるのかも、印鑑の専門店であればいろいろと説明をしてくれますし、インターネットから注文する場合であれば、ホームページにどのような文字が人気なのかが記載されていることも珍しくはありません。わからないことなどは問い合わせを行ってみましょう。

関連リンク…印鑑 通販

  • コメントはまだありません

手彫りの印鑑が人気

成人祝いのときに贈る印鑑とは言っても、印鑑にはいろいろな種類が存在しています。材料も異なっていれば、サイズも異なっているのですが、どのような種類の印鑑が人気になっているのでしょうか。やはり成人祝いのときに贈る印鑑の場合には、手彫りが人気になっていると言えるでしょう。なぜ手彫りが人気なのかというと、簡単に偽造することができないからです

認印認印であれば偽造されてもそれほど問題になるケースは少ないと言えるでしょう。なぜなら登録する必要がありませんし、重要な書類などに使用する場合には、実印と印鑑証明が必要になるのが一般的だからです。逆に銀行印や実印を偽造されてしまうと、大問題になってしまうことが多いので、できる限り偽造できない手彫りの印鑑が人気になっているのだと言えるでしょう。もちろん機械で作っている印鑑よりも値段は高くなってしまうのですが、成人式というのは一生に1回しか行うことがないので、多少高くても自分の大切な子供が大人になった証だから問題ないと考えている人が多いのです。また、銀行印と実印に使えるように、2点セットを購入する人もいます。このような場合には、安い印鑑を購入して認印にすれば、3点セットが揃うことになります。

  • コメントはまだありません

成人祝いに印鑑

日本ではいろいろな行事がありますが、おめでたい行事のときにはお祝いの品を贈ることも珍しくはありません。それは成人式であっても同じことが言えるでしょう。成人式というのは、20歳になったときに行う一生に1度の式典であり、大人になったことの証明でもあります。成人になった場合にも、成人祝いに何か贈るということが多いでしょう。中には印鑑を贈ることもあります。印鑑は大人になれば必ず必要になる物なので、大人になった証として贈る人も多いのです。

成人式では、どのような印鑑をプレゼントすることが多いのでしょうか。最も多くなっているのは印鑑の3点セットだと言えるでしょう。印鑑の3点セットというのは、基本的に認印と銀行印、実印の3つになっています。認印は荷物を受け取るときや、不要になった物を売るときなどに使用することが多いでしょう。銀行印は銀行口座を作るときに登録しなければいけなくなっている物なので、認印とは違って、丈夫で一生使用できる物にしなければいけません。

実印も役所で登録しておく必要があるので、やはり銀行印と一緒で一生使用できるような高品質な物を所持しておく必要があります。安い物でも問題はないのですが、やはり一生使用する物なので、親としてはよい物を持たせてあげたいと考えるのが一般的です。だからこそ成人祝いでは印鑑のセットを贈る人が多いと言えるでしょう。当サイトでは成人祝いに贈る品物について記載していますが、主に印鑑を贈りたいと考えている人の参考になればと思います。

  • コメントはまだありません